大学生の一人暮らし費用の平均は?

大学生の一人暮らしの費用について

大学生の一人暮らし費用の平均は、通っている大学や地域によって異なります

しかし、一つ確実なことは昔に比べて親からの仕送りが減少傾向にあるため、かなり生活は厳しくなっていることは確かだと言えます。

また、大学生の奨学金制度の利用率も増加してきていることからも、一人暮らしにおいて、いかに生活にかかる費用を抑えていくかが重要になってきていることが分かります。

そこで、今回は大学生の一人暮らし費用の平均金額について記事を書いていきます。

大学生の一人暮らしの費用について

大学生にとって一番の出費は食費にあります。

友人との飲み会や大学やサークルの付き合いなど、どうしても避けられないものもありますので、節約したいと思っても費用がかさんでいきます。

そのため、多くの大学生がバイトをしている人も多いのが現状のようです。

遊行費には必ず飲食代がかかりますから、これも食費として考えると負担はかなり大きいといえます。

そのため、今の大学生の多くはなるべく一人暮らしにおいて節約しようとする意識が高いようです。

特別なことがない限りなるべく自炊することを心がけたりして、費用をなんとか切りつている学生が多くいます。

一人暮らしの月の平均としては、まず親からの仕送りと、それにバイトをしている学生はその金額を含めても10万円いくかいかないかの範囲で費用を遣り繰りしているとい割れています。

地方であれば、なんとか生活していける額かもしれませんが、都心においては家賃のことを考えると、かなりギリギリのところかもしれません。

大学に入学する前に考えてもらいたいこと

大学によっては学生寮や学生専用の割安なマンションを斡旋してくれるところもあるようですが、それでも学生への負担はかなりあります。

そのため、特に都心の大学に入学を考えているのなら、学費だけでなく生活費をどう工面していくのか、バイトをするのか、奨学金をもらいのかを両親とよく話し合うことも大切になってきます。

また、昨今の経済不況の影響からか奨学金を当てにする学生も増えてきているため、必ずしも貰えるとは限らないことも知っておく必要はあります。

本当にその大学に入学しなければ学べないのか調べた上で選んでいくこともこれからは考えていかなければならないのかもしれません。

大学生の一人暮らしは、親元からはじめて離れる学生も多いと思います。

大変とは思いますが、社会人になるための通過点としては、いい経験になりますのでできることなら一人暮らしをしてみることをおすすめします。

どうやって費用を遣り繰りしていくのか、バイトをしなければならないかもしれません。一人暮らしをすることで学業だけでなく、さまざまな経験ができるのは確かです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ