一人暮らしで選ぶべき物件の条件は? どこを重視すればいいの?

一人暮らしの物件は、条件と優先度を決めよう

一人暮らしで選ぶべき物件の条件は本当に色々とあります。

記事の初っ端から出鼻を挫いてしまいすみませんが、一般的に言われることが多い条件をすべて満たせるように賃貸探しをしても、なかなか都合良くそうした賃貸を見つけることは出来ないので覚えておきましょう。

何を重視すればよいのか、これは結局のところ自分が生活を送りやすいかどうかがポイントです。

例えば、一般的には駅から徒歩5分の賃貸は生活をしやすい、新築の賃貸は新しい生活に最適など、色々と人気の条件があるわけですが、これは逆に考えますとデメリットもあります。

駅から徒歩5分になると相場が高くなるので予算を大きく用意しなければなりませんし、新築についても同様です。

駅から離れた賃貸なら家賃を抑えて入居でき、中古賃貸も相場が低いため、人によってはこうした条件を重視するほうがメリットになります。

一人暮らしで選ぶべき物件とは本当に人によって差が激しく違うので、まずは自分がいくらの予算を用意することができ、どのような生活を送るのか、この2つのポイントを明確に考えましょう。

一人暮らしでは予算を決めてから物件を探す

一人暮らしの予算は初期費用から引越しの費用、そして新しい生活で購入する予定の品々の費用までしっかりと予算を考えます。
こうして予算を決めておけば賃貸を探しやすくなります。

また、自分の生活についてですが、これは学校や仕事の都合から立地を選ぶことが多いです。
そうすると、ある程度物件を探す地域が絞られてきます。地域がある程度決まりますと、その範囲で予算に見合う物件を探していくと効率よく家探しができます。

基本的にはこのように予算を決めて自分の生活を想像することが大事です。

費用以外の物件選びのポイント

物件の内容に関して選ぶべき物件としては絶対に覚えておきたいことはいわつく物件を避けることです。

問題アリの賃貸は家賃が安いなど一見掘り出し物に見えますが、色々とデメリット要因が多いのでなるべく避けましょう。

他には賃貸の中でコンセントの箇所や数を見たり、日当たりをチェックする、洗濯機や乾燥機のスペースを見たり、エアコンが設置されているかどうかを見るなど、お部屋の中での生活を考えながら細かいポイントをチェックしていけば良いです。
(あと、無いと思いますが変にジメジメしてたり、初めてみて嫌な雰囲気を感じるような物件は避けたほうが良いです)

こうした賃貸の中身については内見でしっかりとチェックすればよいです。

自分でお部屋の中でどんなポイントを調べておきたのかをチェックシートとして作成しておきますと、しっかりと下見でそれぞれのポイントをチェックできるので覚えておくと良いです。予算や生活のスタイルをしっかりと考えることが大事です。

一人暮らしでは物件選びも自由にできるので、まずそこが大きな楽しみになります。
時間があるならしっかり検討し、満足のいく物件を探していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ