一人暮らしで貯金を続けるコツは?

一人暮らしでも貯金は可能

一人暮らしをしながら貯金をしていくのは不可能だと思っている方が大半です。
しかしちょっとしたコツを知るだけで毎月お金を貯め続けていくことは可能なのです。

なかには、年収が200万円ほどしかないOLさんでも1年に100万円ほど貯めた実例もあります。

貯金できるノウハウは、誰にでもできる簡単な方法でもあるため、ストレスがないのもメリットです。

以下で詳しく説明していきます。

一人暮らしの貯金のコツ: ローンを組まない

まず、毎月決まった額のお金を貯めたいのであれば、前準備から始めなければなりません。

貯金を達成させるためには、無駄遣いをしてしまう原因を突き止めなければなりません。

一人暮らしをしていくために、本当に必要なものなのかを購入する前にきちんと見極めるなど、いくつかの注意が必要です。

また、家電製品や車などを購入するときにローンや分割払い(リボ払い)利用して手に入れる方も少なくありません。

ローンや分割払いはとても便利なサービスですが、一人暮らしをしながらお金を貯金をしようと思っている方には不向きです。

それは、ローン返済の際には、利息分を支払わなければないためです。

(これは、とても損なのです。)

賢い買い物をするのであれば、やはりお金を貯めてから現金で一括購入することがベストです。
なお、個人的には、利息が発生しないiPhoneの分割払いなどでも、出来ることなら一括で払ってしまったほうが良いのではと考えています。

また、万が一、分割払いをしている場合、手元に返済できるだけのお金を持っているのであれば、前倒しで返済を行ってしまったほうがお得になる場合もあるでしょう。

一人暮らしの貯金のコツ: 部屋の掃除をする

意外かもしれませんが、部屋の掃除を定期的に行うことも、お金を賢く貯金するコツです。

一人暮らしをしていると、部屋の掃除が億劫に感じてしまう方が大半かもしれません。
しかし、掃除や断捨離を定期的に行うことで要らないものをオークションやリサイクルショップなどで売却することもできるなどのメリットもあります。

特に断捨離はお勧めで、私も2ヶ月~3ヶ月に1度くらいの頻度で断捨離を行い、要らないものを捨てるか売却することで部屋をすっきりさせています。(部屋をすっきりさせると気分もすっきりします)

また、いつでも快適に生活しながら貯金していきたいのであれば、少し難しいかもしれませんが、新しい物件に住まいをチェンジしていくことも効果があります。

古い物件に住み続けていると、冷房や暖房の効率が悪いなどのデメリットもあります。電気代が余計にかかってしまうなどの問題もあり、お勧めできません。

給料天引きで預金する

お金を貯める方法はいくつかありますが、最も効果的なのは、給料から引き落として貯金することです。

生活費が余ったらお金を銀行に入金しようという考えでは、お金を効率よく貯めることはできません。

最も確実にコツコツとお金を貯めるには、定期貯金や会社の財形を利用することがベストです。

毎月、決まった額のお金を給料から天引きしていけば、確実にお金を貯めることができます。

このようなことを実戦することで、一人暮らしをしていても、年間100万円を貯めるのも夢ではないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ