一人暮らしの貯金の平均額はいくらくらい?

一人暮らしをしている人の貯金の平均金額

一人暮らしをしている人の貯金の平均..それは、20代で300万以上と言われています。
これを多いと見るべきか、少ないと見るべきかは人それぞれかと思います。

一人暮らしですと毎月家賃がかかってしまうので、そのなかからの貯金は計画的にしなければいけません。

なお、30代になると平均して50パーセントが貯金の額がアップしています。
このことから、みんな計画的に考えて行動していることが言えます。

一人暮らしで貯金をする方法

会社での財形貯蓄を利用している人は一番多いですが、一人暮らしをしていると急な出費もありますし、なにがあるか分かりません。
そのため、財形貯蓄はあくまでも小額を長くコツコツと続ける方がいいです。

日々の小さな積み重ねによりお金の無駄使いをしなかったりすることが基本ですが、また、私のお勧めとして、家計簿をつけるといったことがあります。
家計簿はiPhoeやAndroidなどのスマートフォンのアプリで簡単に操作できるので、三日坊主にならずにすみます。

また、給料が入ったら家計簿をつけている感覚でお財布を分けるのも有効な方法です。

まず一つ目は、生活費など、支払いや食費分を入れるお財布。

次に積立貯金や財形貯金、定期預金に入れるためのお財布。
これは近い将来使う目的があるものへのお財布でもあります。

最後はずっと先に使うお金..これから先の人生や結婚後、老後などのために使うお金のためのお財布です。

なお、特に女性は一人暮らししているしていないに関わらず、平均して独身時代に貯金をしています。
言い方を変えれば結婚までにいくら貯めることを目標にしているのかな、とも考えられます。

消耗品にはお金を掛けない。ただし、好きなことにはお金を使おう

貯金をする方法として、消耗品にお金をかけないことも挙げられます。

今は安くても優れた商品がたくさんあるので賢くお買いものをします。キッチンツールは100円ショップで、洋服はファストファッションやリサイクルショップを利用するといいと思います。

やすいものといっても流行のものもたくさんありますのでいろいろコーディネートするのも楽しみの一つです。

とはいえ注意しなければいけない点として、実際の値段は安くても、商品は安っぽく見えないものを選ぶことを心がけましょう。
難しそうですが、慣れてしまえば探すのもゲーム感覚で楽しくなりますし、センスも磨かれるので、休日などにお散歩がてらにウィンドーショッピングして目を養うのもダイエトにも健康にもいいですしお薦めです。

なお、消耗品にお金をかけない代わりに贅沢をするときはするほうがお金は貯まります。

月に一度はエステに行く。習い事をする。ボーナスでブランドのバッグを購入する。予算を決めて年一回は旅行する。など、自分が本当に好きなこと、決めたことにひあしっかりお金を使ってメリハリがある生活をしていれば心も豊かになりますし、贅沢を我慢することなくきちんと目標の金額まで貯めることができるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ