一人暮らしの電気代の平均金額を考えてみよう

一人暮らしの電気代の平均は、8000~1万円程度

一人暮らしの生活費で気になるのは、電気代やガス代を初めとする月々おエネルギー使用料金の割合がどれ位になるかです。

一般的な一人暮らしの電気代(光熱費)の平均値は、8000~1万円程度というのが多いですが、自分の場合はどのくらいかというのは、一度生活してみないと分かりません。

一人暮らしの電気代の平均は、季節と地理により変動する

電気代も刻々と価格設定が変化しています。(主に値上げのような気がしますが..)

しかし、一人暮らしの平均的な電気代について知っておく事も必要ですが、時間帯や季節による上下、地域的な特性なども充分に理解しなければなりません。

平均の情報はあくまで参考として見ておく程度にとどめ、むしろ自分の周囲の身近な一人暮らし同士の情報交換から考えたほうが確実な基準値が得られます。

平均値の情報ではその点がわからないため、数値を基準にすると節約できる自分なりの料金設定を見逃すことがあります。

住居地が平均気温よりも高い傾向があれば、夏の電気代は高くなり、冬の降雪量、日数、冷気が入りやすい住環境であれば、冬の料金も高くなります。

住環境を住みやすい状態に整える事に気を配ることで、エネルギー使用料金を抑える効果があるので、寝るだけの場所としてだけ考えるのではなく、自宅の心地よい環境をどのように確保できるのか、経済効果の高い知識として理解し、身につけておくことが賢明です。

この知識は、今後家族が増える事になった時など、今後に活かせる知恵であり、時間的に余裕のある一人暮らしの時から実践しておけば、要望が複雑化する家族の生活環境も整えられる能力として早くから身に付き、どこまでが自分で可能であるかの判断も付きやすくなります。

自分の力量を知ることで、生活用品の購入額も必要最小限に抑える事ができ、その他へ資金を回す事が出来るようになります。

無駄な物を家へ持ち込む事無く、賢く使い賢くお金の使い道を考える癖がつき、自分達で工夫して生活していく力も付けられます。

平均的な数値にだけ注意を向けていると、自分の暮らしぶりがどの位置にあるのかわからず、生活状況とかけ離れた情報を信頼した基準となってしまうので、この点は留意しておく必要が有ります。

電気代を把握して生活設計する

実際の収入と支出がバランスよくなっていなければ、生活環境が悪化し、ライフプランの計画が立てにくくなってしまいます。

利用する電気会社の契約状況を比較して、必ず使わなければならない電気代を、主に自分がどこの時間帯で電気代を使っているか意識しておく事が大切です。

一人暮らしの人が今後の生活設計をどのように考えるか、一人暮らしをスタートする前の早い段階から、自分の暮らしと電気代などのエネルギー使用料金とのバランスを把握し、計画的に理想の生活へと近づけていく作業が必要になってきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ