一人暮らしの電気代の節約方法。契約プランを見直してみよう

一人暮らしでの電気代節約の重要性

消費増税をはじめ私たちの生活にかかわる様々なものが値上がりをしていますが、収入アップには直接つながっておらず、生活は苦しくなっていくばかりという状態にあります。

都市部での一人暮らしは固定費もかなり掛かりますし、物価も高くてつらいものです。

少しでもできるところから節約をして、投資や貯蓄など未来に向けたお金の使い方をしていきたいものです。

今回は、一人暮らしにおいて、特に私たちの生活に欠かせない電気代をいかに節約するかということについて考えていきましょう。

一人暮らしの電気代の節約方法

電気は必ず使うものなので一見削りにくいように感じられるものですが、一人暮らしなら大きく削減することができる場合があるのです。ちょっとの見直しでかなり安くなる場合があるので、確認してみましょう。

まず、基本料金を抑える方法を考えます。一人暮らしではそれほど大きな電力を使うことがないので、アンペア数は少なくても済む場合が多いです。

必要以上に大きなアンペア数で設定されているようなら、契約アンペアを下げるということを検討してみましょう。

そうすると基本料金が安くなり、簡単に料金を下げることができます。大きな電力を使うエアコンやホットプレートなど、複数の機器を併用しないように気を付けるなどという配慮が必要ですが、積極的な努力をしなくても削減できるという意味では非常に大きなポイントとなります。

また、契約を見直してみることで電気代の節約ができる場合があります。

一人暮らしでは、日中は仕事や学校で外に出ていることが多く電気を使うことが少ないため、一日のうちで家の電気を使う時間が限られています。そういった方は主に夜間に電気を使うことが多いでしょう。

それなら、夜間の電気代が安く設定されているプランに契約を変えるという方法があります。

その分、日中の電気代は上がりますが、その時間に使わないのであれば問題はありません。夜できることは夜のうちに行っておくなどすれば、より節約効果は上がります。暑い休日の日中は外出して冷房のあるところで過ごすなどすれば、より効果が高まります。
なお、管理人の私も一人暮らしをしていますが、電気代はこの夜間が安く日中が高いプランにして節約しています。

意外に簡単にできるプランの見直し

如何でしたでしょうか?
このように、プランの見直しをするだけで大きく電気代を抑えることができる場合があります。

自分の場合はどうなのか、シミュレーションをしてみるとよいでしょう。
プラン変更の不安な点については、電力会社でも相談に乗ってもらえる場合があるので、相談窓口を調べてみるとよいでしょう。

また、各種電力会社はWebサービスを行っていたりしてそこから申し込みが出来る場合もあります。

一人暮らしで電気代の節約すると、月々の生活費が削減でき、大きな効果が出ます。

ちょっとしたことで節約ができるなら、すぐに取り組んでいきたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ