一人暮らしのガス代の節約方法と平均金額

一人暮らしのガス代の平均金額

光熱費の中には、ガス代や電気代、水道代などがありますが、その中でもガス代が大幅にかかってしまっているという方も少なくありません。

一人暮らしの月のガス代は季節によって差が出てきます。夏場は低くなりますし、冬場はお風呂以外にも洗い物をお湯で行うことが多くなるので、比較的高くなります。

今回は、一人暮らしのガス代の節約方法と平均金額について記事を書いていきます。

平均金額については、炊の頻度によって差が出てくるのですが、平均するとだいたい月4,000円から5,000円前後になります。なお、都市ガスと比べるとプロパンガスは少し料金が高くなります。

一人暮らしのガス代の節約方法・お風呂編

一人暮らしのガス代を平均よりも下げるには、さまざまな部分での節約が必要です。

特に、お風呂のガス代がガス料金の中でも大きな割合を占めている傾向があります。
一人暮らしをしていてガス代を節約したいと思っているのであれば、お風呂の使用の仕方から見直すことがポイントと言えるでしょう。

ガス代を節約するのに必要なのは当たり前だと思うかもしれませんが、なるべくお湯を使わないということです。

こちらは以下のように細かい対策をすることで、ガス代を節約することができます。

まず、お湯の温度をできる限り低めに設定することです。
温度を1度上げるごとにガスの使用量が増えると思ってください。

次に、一人暮らしであっても湯船にお湯を貯めて入浴する方が大半ですが、この際に貯めるお湯の量を少なくするだけでも料金を抑えることができます。
少ないお湯であっても身体を沈めて入ることで、十分に身体を温めリラックス効果を得ることができます。

また、追い炊き機能をあまり使わない事です。お湯を温めるごとに費用がかかるので、お風呂を沸かしたらすぐに入るように心がけます。
お風呂のお湯が冷めにくくなる、保温シートなどを活用するのも良い方法です。
このシートは、湯船に浮かべておくだけなので手間がかからず簡単に節約ができます。
なお、湯船にお湯を貯めていることを忘れてしまう方もいらっしゃるので、忘れないということも大切です。

さらに、意外と効果のある方法が湯船につかりながら頭や身体を洗うことです。
一見、不清潔に思うかもしれませんが、身体を温めながら髪や身体を洗うことができるというメリットもあります。
その後は軽く身体を洗い流すだけで清潔感を保っておくこともできます。

また、シャワーを使用して頭や身体を洗う方であれば、シャワーを出す時間を短縮するだけでも節約することができます。

シャワーを出している間も料金はどんどん加算されていきます。洗い流す時以外はシャワーを止めて、汲みおきしておいたお湯を使うと、ガスの節約になる以外にも水道代の節約にもなります。

このように、シャワーを使用する時間を短縮することで、お湯を出している時間も少なくすることができるため、ガス代も知らず知らずのうちに節約することができるのです。

例えば、10分までと決めれば、大幅に料金を抑えて節約することができるでしょう。
また、お風呂以外の節約方法と言えば、調理の際にも行うことができます。

一人暮らしのガス代の節約方法・料理編

自炊を頻繁にするという場合には、電子レンジを活用します。

特に煮込み料理などはガスを使うものです。下ごしらえで野菜をレンジで調理しておくと、野菜が煮えるまでの時間を短縮することができます。

このように、電子レンジで野菜を下茹ですることも効果があります。

圧力なべなどを利用して調理時間を短くするのも良い方法です。

この際強火はガスの消費が多くなるので、中火で調理をするように気をつけます。
火力を中火にするだけでも大幅に料金を節約することができ役にたちます。

少量を茹でるのであれば、深型のなべではなくフライパンなどの浅いものを利用するとお湯が早く沸くので便利です。そして気をつけたいのがガス周りの掃除です。

ガスの噴き出し口に汚れがたまっていると、消費されたガスがうまく熱に変換されないため、吹き出し口の掃除は定期的に行うようにしましょう。

うっかり吹きこぼれてしまった時にきちんと手入れをしておかないと、汚れがこびりついてしまい、その後のガス代が無駄になるといったことがあります。

こうしてお湯の利用の制限と掃除をきちんと行うことで、ガス代を抑えるのに役立ちます。

一人暮らしにおいてガス代は節約しやすい

一人暮らしのメリットは、全て自分の生活リズムに合わせて生活できる点です。
入浴したい時にお風呂に入ることができ、食べたい時に調理することができます。

このような一人暮らしのメリットを考えても効率よく、ガス代を節約することができるでしょう。
ちょっとした意識を変えるだけでも大幅に料金を節約させて、お得に賢く生活していくことはできるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ