一人暮らしの引越しで気をつけることとは?

一人暮らしの引越しだからこそ気をつけるべきことがある

一人暮らしをすることになった時は、引越しが必要になります。
この時、一人暮らしだからこそ、引越しで気をつけるべきことが色々とあります。

以下に詳しく書いていきます。

ダンボールやコンテナの大きさや数に注意

まず、料金です。普通は単身パックを利用することが多いですが、荷物の量によっては普通のプランの方が安くなってしまうことがありますので、注意するようにしましょう。一応、比較してみることがよいです。

単身パックの場合は、荷物が規定のサイズにおさまるかどうかが、とても重要になってきます。

規定のコンテナサイズにおさまる荷物の量であれば、単身パックの方が料金は安くなりますが、それを上回る場合は通常のプランを利用するようにしましょう。

基本的には、小さなサイズの冷蔵庫やテレビ、電子レンジ、掃除機、姿見、布団、ダンボールが4つ程度しか入りません。

ベッドやソファ、タンスなどがある場合は、入らなくなってしまうのです。

荷物がとても少ないのでなければ、単身パックの利用は難しくなってしまいます。

もちろん、荷物が多くても利用することは出来ます。
しかし、コンテナ1単位で計算されるため、コンテナ1個をオーバーすると、2個分の料金をとられます。また、コンテナに入らないようなサイズの荷物は運ぶことが出来ないのです。料金がとても高くなってしまう可能性がありますので、注意するようにしましょう。

引越し業者に見積もりを依頼する場合は、単身パックだけを見るのではなく、通常のプランもあわせて見積もりをとるようにします。もちろん、相見積もりをすることがとても大切です。相見積もりをとって、しっかりと比較するようにしましょう。

家具は引っ越し先で購入する

また、一人暮らしを始める場合、家電製品、家具などを新しく購入する場合が多いです。

その時は、引越しをする前に購入するのではなく、引越し先で購入するようにしましょう。

その方が引越しの時の荷物を減らすことが出来るので、少しでも料金を安くすることが出来ます。

大型家電や家具などの場合は、無料で店が配送してくれることもありますし、設置もすべて行ってくれます。その方が家具や家電製品が傷つく可能性も低いので、一人暮らしをするところで購入するようにしましょう。

その他、重い家具の配置は必ず事前に決めておくようにしましょう。一人で暮らしているため、後で動かしたいと思っても重い家具は動かすことが難しいです。慎重に考えてから決めるようにしましょう。

このように、一人暮らしの引越しでは色々と気をつけることがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ