ぶっちゃけ、一人暮らしって必要?

人生において、一人暮らしの経験は必要

一人暮らしは必要?

実家暮らしをしている場合、一人暮らしって本当に必要なの?と考える方もいらっしゃると思いますが、結論から言うと、やむを得ない事情がない限り、人生に一度は一人暮らしをすることは必要だと思います。

この理由につて、以下詳しく解説していきます。

一人暮らしが必要な理由とは

親や家族と同居して暮らしていくことは、基本的に楽ですよね。

普段当たり前にように思っていることですが、家に関することはほとんど親が行ってくれますし、家賃も必要がないのでお金もかかりません。
(家に関することとして簡単な例を挙げると、1日の食事・掃除・風呂などが挙げられます)

それに比べて、一人暮らしを始めると、これらを全て1人でする必要があります。
これはとても大変ですが、学べることは数え切れないほどあります。

実家暮らしでは学ぶ機会が限られるような、家事や家の管理方法。
これらについて、普通に生活を続けるだけで学べるということが、一人暮らしが必要であるという大きな理由の一つです。

掃除や買い物も、全てやる

掃除や家具、料理の仕方を学べる

まず掃除や買い物についてですが、これは家電用品、家具、生活用品などは整えることに繋がります。

例えばスーパーで売っているトイレットペーパー、醤油、洗剤、歯磨き粉などであっても、今まで親が買って補充してくれていたものが、自分でチェックして購入するようにしなければいけません。

また、一人暮らしでは掃除洗濯、料理のような家事もする必要が出てきます。

自炊はしないという人がいるかもしれませんが、それでも、掃除はしなくてはいけないですし、洗濯も家でするにしても、コインランドリーに持って行くにしても自分で洗濯をして、畳んでタンスの中にしまうという家事をしなければいけません。

浴室、トイレ、洗面所など、こまめに掃除することは基本ですし、部屋全体も掃除をしておかなければホコリがたまってしまいます。
それに、ゴミ出しもきちんと決まった日に分別して出す必要があります。

金銭面のやりくりを学ぶということ

金銭面の計算も

一人暮らしでは、金銭的にも自分でやりくりしていく必要が出てきます。

例えば光熱費。
実家にいた時は使い放題のような気分の方もいたかもしれませんが、一人暮らしになると使ったぶんだけ自分にはね返ってきます。
だからこそ、節約方法に関するスキルが自然と身についていきますし、興味も出てきます。

これ以外にも家賃や水道、光熱費の支払い方法だったり、クレジットカードを含めた支出の管理だったりとお金の管理に関してもしっかり学ぶことができます。

実家で暮らしていると、お金を家に入れていたとしても、比較的、金銭的には甘えが出てしまう生活になってしまう恐れがあります。

仮に今後親が亡くなり一人になった時、家のお金に関することが分からないままだとどうなるでしょうか。
もしかすろと贅沢をする癖がついてしまい、金銭感覚がおかしくなっているかもしれませんし、結婚した時などにも、家計管理がまったくできなくなってしまう可能性があるのです。

このため、一人暮らしをすることで自然とお金に関するスキルが身につくことができるのは将来の自分のためにもなるのです。

一人暮らしは自分を成長させるためにも必要

私の父親は、一人暮らしをしたことの無い人でした。
昔の人に多いタイプですが、家のことはまるで分からず、母親任せになっていることが多々あり、子供の私から見ても、だらしないな、と常々思っていました。

私自身、初めて一人暮らしをしたときは、やることや学ことが多く今まで自分が経験不足だったことを痛感しました。

しかし、そうすることで自立することが出来ますし、金銭感覚も、社会的感覚も磨かれていくはずです。また、何でも自分で管理することで、細かいことも自分の好きな通りにやれる、というメリットもあります。(一国一城の主の気分にもなれます)

このような事情から、一人暮らしは必要だと、私は考えています。

親と同居し、親や家族を助けて生活する。それは悪いことではありません。
しかし、自分を自立させるためにも、一度は一人暮らしをしてみることをお勧めします。

自分を成長させるために、一人暮らしにチャレンジする

おまけ

今回、色々大変なことを挙げていきましたが少し不安になってくるかもしれませんね(笑)

本サイトでこれからこのような不安を一つずつ解消していきますので、安心してご覧ください。

前の記事はありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ