一人暮らしに必要な費用の平均はどれくらい?

一人暮らしに必要な費用の平均

一人暮らしに必要な費用の平均は、大体月に10~15万円程度といわれています。

時間に余裕があって自炊が簡単にでき、友人や恋人との外出も比較的安い金額になる学生時代の支出は10万円近くとかなり低い平均値になってますが、付き合いの飲み会が増えたり、デートのプレゼントや食事代などがかかり、日常的な食事も忙しくて外食や惣菜に偏りがちな社会人になると、服や化粧品などの購入も増えますので15~20万円程度必要になります。
→この辺りはパターン別の費用のページで詳しく解説しています。

一人暮らしに必要な費用の内訳

一人暮らしに必要な費用は大きく分けて、家賃や食費、水道光熱費、日用品、衣類や化粧品、交際費、医療費、保険料、通信費などです。

平均的には最低限の生活をして自炊を中心にすると、食費や衣類、交際費、医療費、保険料などがほとんどかからなくなりますので平均10万円で生活できます。

ただ、家賃が高額であったり、車を持っていたり、趣味があったり、タバコや飲酒の習慣があると、これらの費用が一気に増えますのでかなりの高額になってしまいます。

実際に一人暮らしをして家計簿をつけてみなければ、自分自身の生活費にどれくらいの金額が必要になるのかということは分かりません。

また、家計簿をつけて自分の生活費の内訳を正確に把握することにより、どの部分を抑えるようにすれば毎月の支出を減らすことができるのかということも自ずから分かってきます。

したがって、これらの生活費の平均はあくまでも参考データとして知っておくに留め、まずは自分の身の丈に合った支出がどれくらいの割合になっているのかということを目標額として設定するとよいでしょう。

家計簿を付けて支出を把握しよう

近年では一人暮らしでもネットを利用していたり、携帯電話やスマホを持ち歩いている人がほとんどですので、いろいろな節約に関する情報は簡単に入手できます。

基本的には固定的な支出で削れるところはできるだけ削ることにより、その後継続的に支出を抑え続けることができます。

そして、流動的な支出についてはおおよその目安を決めておいて、その範囲内で生活できるように情報を参考に挑戦してみることにより、自然と節約生活を送ることができるようになります。

家計簿で毎月の支出を記録して、実際に支出が目に見えて減るようになると、今度は節約すること自体が楽しく感じられるようになります。

一人暮らしを始めたばかりのときの目標は、同じ立場の人の生活費の平均値よりもしたになることを目指すと無理なく節約を始めることができますので、おすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ