一人暮らしのキッチンはどのくらいの広さがあればいいの?

キッチンの条件は後回しになることが多い。

初めての一人暮らしのお部屋探しでは、色々とわからない事やどちらにしようか悩むことも多いと思います。

今回の記事の本題であるキッチンよりも、どこに借りるか、だったり通いやすい場所や沿線などと、家賃の予算などから、ある程度条件を絞る事が出来ますね。あとは、一人暮らしをするにあったって、ご自分の中でどうしても譲れない条件もあると思います。

例えば、女性の一人暮らしの場合、防犯面も気になるところですので、オートロックでセキュリティがしっかりしているとか、人によってはコンビニが近所にあるところがいい、駅から近いところがいい、駅から遠くて間取りが広いところがいい、狭くても新築がいい、お風呂とトイレは別々がいい等々、これだけは絶対譲れない条件はあると思います。

そういった条件から、希望の物件を絞りこんでいき、最後に付加価値を考慮して、自分にとって予算内でのベストの物件を選んでいくことと思います。

一人暮らしのキッチンにはこだわらない場合が多い

その中で、一人暮らしの場合、よっぽど料理好きな人でない限り、キッチンは、あまりこだわらない場合が多いようです。

そうはいっても、毎日コンビニや、外食では飽きてくるでしょうし、最低限のキッチンは必要でしょう。

また、社交的な方なら、友達などが集まって、みんなでわいわいと宅飲みする事もあると思いますので、やはりそれなりのキッチンがあるといいですね。

1Kや1Rで、よく備えつけられている一口コンロに、ちょっとした流し程度の簡易キッチンでは、結局食材を切ったり、置いたりするスペースがなく、みなさん苦労しているようです。

結局、自炊するのを諦めたり、調理するためのを買ったり、他にも結局、炊飯器や電子レンジやトースターを置くための台なども買ったりして、みなさんキッチン関係の収納に困っているようです。

一人暮らしのキッチンはどのくらいの広さがあればいいの?

一人暮らしの方の部屋の平均的な広さは、20~25平米だそうです。もちろん同じ広さでも、1Kや1Rなと部屋の間取りによっても違いがでてくるので、一概にはいえませんが、冷蔵庫などを置くことも考えるとキッチンは、3畳~3畳半あると快適に使えるでしょう。

中には備えつけの、小さな冷蔵庫がついていますが、人によっては大きいのが欲しくなるようです。

またガスコンロも二口あると使い勝手がいいようです。

あとから、あ~失敗したなと思っても、住み始めると、少し使い勝手が悪いぐらいでは、なかなか引っ越すことは難しいので、自分にとって住み心地のよい部屋を選べるように、同じ予算なら色々な面から考慮し選ぶといいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ