一人暮らしの光熱費の平均金額はどれくらい?

一人暮らしの光熱費の平均は、地理により変わる

一人暮らしの光熱費の平均金額は、どの地域に生活しているか、またどのような仕事・生活をしているかによって、かなり異なってきます。

以下で詳しく解説していきます。

例えば、北海道や東北地方のように冬の寒さが厳しい人の場合には、冬季の暖房費はかなり高額になってしまいます。(特に北海道は家の中が暑すぎるとよく言われるくらいです)

一方、年間を通して比較的穏やかな気候の地域で生活していると、夏は扇風機、冬は厚着をすることである程度乗り越えることができますので、それほど光熱費が必要となりません。

また、在宅で仕事をしている人はほとんど一日中自宅にいるのでどうしても光熱費が高くなる傾向にありますが、朝早くから深夜まで仕事や付き合いなどで外出していると、その分冷暖房を使ったり自炊のために火を使う必要がありませんので、これらの費用が少なくなります。

一人暮らしの光熱費の平均金額

一般的な一人暮らしの人の平均値を見ると、8000~1万円程度というのが多いです。

オール電化か、ガスを使っているかによっても異なりますし、水道、電気、ガスをそれぞれつけっぱなしや出しっぱなしにしていると当然この平均値を上回る可能性が高くなります。

一般的には一人暮らしをしていると水道光熱費は割高になりやすいですが、オール電化の住宅で対応の電力プランを利用して、夜間を中心に利用するなどの工夫をすることで、5000円近くまでコストを下げることができるというケースもあります。

余裕あるなら光熱費も考えた物件選びを

一人暮らしをするときには、費用全体を考えると、家賃や食費の他、こういった光熱費も平均してかなりの割合になっています。

そのため、利用するときには物件選びの段階から、より光熱費のコストを低くすることができる住宅を捜してみるというのも一つの方法です。

ガスであればプロパンよりも都市ガスのほうが安くなりますし、オール電化であればさらに光熱費の支出を抑えやすくなります。

また、これらの費用が一律で家賃が設定されているという場合もありますので、毎月の負担がどれくらいかということを踏まえた上で、よりお得な物件を探しておくと良いでしょう。

また、実際に一人暮らしを始めたときには、こまめに電気を消したりコンセントを抜いて待機電力を少なくする、エアコンのフィルターはこまめに掃除をしたり、扇風機を活用して上手にエコを目指す、水の出しっぱなしを控えたり、自炊などで火を使うときには上手に工夫するなどの節約術を参考にしてみると良いでしょう。

小さな積み重ねが、一ヶ月、一年経過するとかなりの差になってきますし、こういった節約生活が習慣として身についてくると、一人暮らしにおける無駄遣いを抑えることができる体質になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ