一人暮らしでネットスーパーを上手に活用する方法

一人暮らしだからこそネットスーパーを使ってみよう

ネットスーパーはWeb上でイトーヨーカドーやSEIYUなどのお店から商品を購入し、近くの店舗から自宅まで配送してくれるサービスです。

私自身は普段SEIYUのネットスーパーを利用していますが、どのスーパーでも一定金額以上購入しないと送料が無料にならないため、なかなか食費や生活費などの費用の削減には繋がらないと考えている方もいらっしゃるかもしれません。(事実、費用の削減にはあまり繋がらないと思います)

しかし、ネットスーパーを活用することは、費用削減以外の大きなメリットに繋がります。

そこで、今回は一人暮らしでネットスーパーを上手に活用する方法について詳しく解説していきます。

まとめ買いで時間や労力を削減できる

一人暮らしでネットスーパーを使うメリット

ネットスーパーの最大の魅力としては、スーパーに行かず、たくさんのものをまとめて購入し、家まで運んできてくれることです。

特に首都圏の場合、一人暮らしで車を持つことは少ないと思いますので、重量がある米やペットボトルのダンボールや、かさばるトイレットペーパーなどを家まで運んで来てくれるのは大きなメリットとなります。
特に女性の一人暮らしの場合はこれは大きなメリットになりますね。

また、食費をはじめとして生活用品もかなりの品揃えとなっています。
このため、ネットスーパーで取り扱っているということを理由にいつも使う洗剤などを選んでみても良いかと思います。

なお、私はSEIYUのネットスーパーを利用していますが、こちらは関東の首都圏のみで利用できるので、全国的にはイトーヨーカドーのネットスーパーの利用をお勧めします。

一人暮らしでネットスーパーを利用する際の注意点

一人暮らしでネットスーパーを利用するときの注意点。家に居なくてはならない

さて、今度は逆にネットスーパーを利用する際の注意点を述べていきます。

1つ目は、受け取る時間に必ず家に居なくてはならないこと。

家族が一緒に暮らしている場合は家族の誰かが在宅していれば問題ありませんが、一人暮らしの場合は必ず自分が居ないといけないので、自分が用事が無い時間帯を選んで発送する必要があります。
Amazonなどでは運送会社の方に不在票を入れられて再配達を無料で頼めますが、ネットスーパーの場合、再配達手数料などが必要になるケースがあります。
また、取り消しに際しても手数料がかかるケースがありますので注意が必要です。

そのため、平日の夜間などは仕事やアルバイトなどの急な残業でもしかすると在宅が出来ない場合があるので、素直に休日の午前中などの自分が確実に在宅できる時間帯を選び、部屋の掃除などをして待っていることをお勧めします。

なお、土日は特に配送が混雑するので、水曜木曜などの数日前の段階で注文をするようにしましょう。

2つ目は、基本的に送料が無料になるまでまとめ買いしないと、余計な費用(送料)が発生してしまうこと。

私が利用しているSEIYUの場合は、5000円以上注文しないと送料が無料にならないので、ネットスーパーは月1程度で生活用品(クイックルなどの掃除用品や洗剤など)やお米を一緒に注文する際にのみ利用しています。

そのため、普段のパンや牛乳などのそれなりに取り置きが出来ないものに関しては普通のスーパーで買うことが多くなるので、毎週利用することは費用の面で難しいです。

家族がいればその分必要な食材も増えますが、一人暮らしの場合は必要な食材は少ないので、使うタイミングを見計らって使う必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ