一人暮らしをすると、お金の感覚・金銭感覚が身につけられる!

一人暮らしをして、お金の感覚を身につけよう

今まで実家暮らしだった方は、自分が働いて稼いだお給料を全て自分のお小遣いとして自由に使うことができたはずですが、一人暮らしを始めると、給料のほとんどが生活費で消えてゆきます。

家賃はもちろんのこと、水道代や光熱費、共益費、食費、生活費などにお金がかかりますが、考え方を変えるとこれもよい経験になるはずです。

将来結婚した場合だと、今までのようには自由に使えなくなります。

働いて稼いだお給料のほとんどは家の収入となり、そして家庭の運営費になります。

よって、一人暮らしを始めることでお金の感覚や堅実な金銭感覚が身につくはずです。

いずれは親に頼らずに暮らさなくてはならないのですから、一人暮らしを経験するのは、少しでも早いうちが良いでしょう。

実家暮らしの時のようにお給料を全てお小遣いとして使ってしまう生活に慣れてしまうと結婚後には大変です。

基本的な金銭感覚を養うのは、この一人暮らしの間でもあり、支出を把握して金銭感覚を身に付ける絶好のチャンスです。

一人暮らしをすると、無駄なお金の出費を抑えられる

日常生活を送るにあたって必要な物の価格や家賃、光熱費など、大まかには知っていても、実家で両親と同居していた場合だと、あまりピンとこないものです。

普段から無駄な出費をしていては、家賃や共益費、駐車場代、また光熱費や携帯電話の料金なども支払えなくなってしまうのです。

お金のやりくりを工夫すると今後にも役立つ場面が多くありますし、経済的な自立ができるのです。

一人暮らしで賢くお金を貯める方法

一人暮らしをすることで手持ちのお金の中でどのように使えばよりよく生活できるかを考えるため、自然と金銭面でのやりくりが分かるようになります。

このように一人暮らしにはもろもろの生活費がかかってしまうのですが、その中でも賢くお金を貯めることも工夫次第では可能です。

貯めたいけど、お給料が少なく難しいという人もいますが、本気で貯めたいと思っているなら、お給料から貯蓄分を先取りすることが必須になります。

残ったお金を貯金という方法では、いつまで経っても貯めることはできません。

また、物を捨てる際にはもったいないという罪悪感を持つこともポイントです。

セールだからといって買いだめしたりした場合、賞味期限が過ぎてしまって使わずに捨てたり、買ったけど結局使わなかった、食材を腐らせてしまったなど、余計なものを買い過ぎるのは禁物です。

捨てるものが多いということは、それだけ無駄遣いをしているということです。

本当に必要な物を買うことで確実に無駄遣いは減らせます。

無駄なものを買う=お金を捨てるという考えを持てるようになることも、一人暮らしをするメリットの1つとなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ