一人暮らしでペットを買いたい!費用はどのくらいかかる?

一人暮らしでペットを飼うなら、まず物件えらびから

一人暮らしでペットを飼う時は最初に物件を選ぶ時にペットを飼える物件を選びましょう。

ここが何気に一番肝心であり、犬や猫を飼っても良い賃貸があれば、真逆な内容の賃貸もあります。

今既に一人暮らしをしている場合、自分が今住んでいるお部屋では猫や犬を飼えるのかを確認しましょう。
また、これから一人暮らしの為に引越しをする予定の人は必ずペット可賃貸を選ぶようにしましょう。

ペットの餌代が毎月かかる

一人暮らしで犬や猫などのペットを買うのにいくらほどの費用がかかるかというのは、飼う動物の種類によります。

動物をショップで購入する人はその動物自体の価格に加えてトイレや餌代などが必要になってきます。

猫や犬をもらう人の場合は基本的に毎月かかる費用は餌代が大半です。

どのような動物を買うにしても最初にトイレと餌箱、おもちゃなど初期費用はある程度必要になります。

しかし、それほど高い物でも無いので、この初期費用は抑えようと思えばかなり安く出来ます。

絶対に費用がかかるのは餌代であり、動物の種類によってはトイレの砂などを定期的に購入していく必要があります。

また、動物の種類が大きくなるほど食べる量が多くなるので、結構餌代が変わってきます。

小動物ほど餌代は安くなります。かなり正確にペットを飼う時の費用を把握したいなら、まずどのような動物を飼うのかを決めておき、ショップへ行ってその動物の餌代をチェックしましょう。

そこから、月々にどのくらいの餌を食べるのかを推定計算していきますと、生活に一か月にかかる費用を把握することが出来ます。

動物が1日にどのくらいの量を食べるのか分からない時はショップの店員さんに聞くとばっちりと教えてもらえます。

ペットの医療費も忘れずに

上記のような餌代など生活費に加えて、動物の種類や飼育方法によっては去勢手術をするなど、医療費もかかってくるので覚えておきましょう。

この医療費は内容によって結構高い金額がかかります。

動物は生き物であり、人間と同じで年を重ねるほど病気にかかります。

そうした時は定期的に動物病院へ通うことになるので、費用が高くなってくることを最初に覚えておかなければなりません。

一人暮らしでペットを飼う時は基本的に賃貸の家賃自体は普通の賃貸とあまり相場は変わらないので気にすることはありません。

ポイントになることは家賃だけではなく生活費や医療費などが大半なので、この辺りの費用をしっかりと検討しておきましょう。

一人暮らしで自分に必要な費用に加えてペットの費用も必要になることを考えなければなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ