一人暮らしを始めた理由: 体験談

一人暮らしを始めた理由

今回は、このサイトを作成するにあたり、私の知り合い(女性)の一人暮らしを始めた理由を聞いてみたので記事にしてみました。

なお、中身はインタビューというか、管理人が聞いた話を文字に起こした内容となります。

これから一人暮らしをする方・しようと考えている方の参考になれば幸いです。

実家に戻りたい気持ちが出てきた

彼女が一人暮らしを始めた理由は、家族から離れて自由気ままに生活してみたかったからだそうです。

高校まで自宅で生活しており、大学受験を機に一人暮らしをすることで、親も納得してくれていました。

実家での生活に特に不満があったという理由があるわけではなく、何となく家族みんなに合わせて生活する息苦しさを感じていた、という程度のことでしたが、実際に、高校を卒業して一人暮らしを始めてみると、いろいろな煩わしさがいっぺんに起こり、実家に戻りたいという気持ちが湧き上がったそうです。
(この辺りは、絶対に一人暮らしをしないといけない環境ではない場合に必ず思うことだと思います)

これまで、炊事や洗濯、掃除をすべて家族(母親)に頼っていたため、これらの仕事をすべて一人でこなさなくてはならなくなり、これだけで大変な重労働だったそうです。

毎日、帰宅すると夕食が用意されていた生活が、どんなに恵まれているかが分かります。

家に帰ると一人

夜、家に帰ってきても話し相手がいるわけでもなく、テレビをつけて一人でコンビニのお弁当を食べていると寂しくなり、また、忙しくて掃除や洗濯まで手が回らず、1週間にまとめて済ませることもあり、明日着ていきたいと思っていた服を洗濯していなかった、ということも度々あったとのこと。

また、実家で暮らしていたころは、水道光熱費がいくらかかるか、気にかけたことは無く、一人暮らしを始めて、こうした出費の重みが分かるようになったそうです。

さらに、これは女性の方が特に気にすることだと思いますが、これまでは気にならなかったのに、一人で家に帰るときに、誰かが後ろからついてきているのではないかと気になるようになったとのこと。

泥棒や空き巣はともかく、宅配便などにもびくびくしてしまい、我ながら意外に感じたそうです。

また、風邪で寝込んだとき買い物に出かけることができなかったため、友人にスポーツドリンクを1本買ってきてもらい、それだけでしのいだこともあったそうです。

時間が経つにつれて一人暮らしも軌道に乗り、だんだんと自由に生活できる気ままさも味わえるようになり、何となくという理由で始めた生活が、思いの外大変で、慣れるのに時間がかかったとのこと。

彼女はその一方で、これまでの生活のありがたみを感じ、家事全般に目配りする生活力をつけるきっかけにもなったと感じたそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ