一人暮らしの生活費の平均はどれくらい? 全国平均を調べてみた

一人暮らしの生活費の平均値を知ろう

一人暮らしを始めようと考えている人は、一人暮らしの生活費にかかる平均的な金額は気になる点と言えるでしょう。
今回は、一人暮らしの生活費の平均について記事を書いていきます。
なお、今回は合計値を分かりやすくするため、家賃を生活費に含めて話をしていきます。

生活費の内訳

一人暮らしの生活費としては、家賃や保険などの固定的な出費に加えて、水道光熱費や食費など毎月かかる経費が変動するものもあります。

自動車を所有している人の場合には、ガソリン代や税金などの自動車の維持費も考えておく必要があります。

生活して行く上で欠かせない、通信費や交際費、オシャレのために必要になる衣料にかける費用や、日用品や医療費なども計算しておいたほうが良いでしょう。

毎月必要になってくる生活費の平均をあらかじめ把握しておくことで、予想をたてておくことができますので生活していく上で便利になります。

平均値を把握しておくことで、予想外に出費しなければならない出来ごとが起きた場合にも対応しやすくなります。

学生の方などで親からの仕送りやアルバイトをして得たお金をもとに一人暮らしを始めようと考えている人の場合には、生活費のシミュレーションをあらかじめ行い、必要になる生活費を計算しておくと便利です。

予定されている収入の範囲内で家計のやりくりをうまくできるとは限りませんので、アルバイトをしている人の場合には給料の前や親からの仕送りの前に急な出費が起こることも想定しておくようにしましょう。

ギリギリの生活費では一人暮らしをしていく上で困難な状況になる可能性もありますので、1万円から2万円程度の余裕をもって生活していくことをおすすめします。

一人暮らしの生活費の全国平均

一人暮らしをしている人で、毎月最も大きな出費になるものは家賃です。

マンションなどの部屋を借りたり、契約する際に必要になる費用は固定されているものですので、事前に把握して生活費のシミュレーションをしておくことが大切です。

家賃にかかる全国平均は約66000円です。家賃の他にも共益費や管理費、駐車場代がかかることも考えられます。

家賃と比較して節約しやすい経費としては食費と言えます。安いときに必要な食品を買うことによって出費を抑えることが可能になります。

次に食費です。平均は約2万円程度と言われています。
外食が多い場合(私もですが)は、この値が跳ね上がり、3万円程度になる場合もありますので、シミュレーションをする場合は少し多めに計算しておくと良いと思います。

水道料金や光熱費にかかる経費は約1万円ほどで、通信費や交際費についても約1万円程度が平均的と言えます。

勿論、住んでいる地域によって物価の値段も異なってきますし、部屋を賃貸する際の家賃にも差が出るものと言えますが、全国平均的に言うと生活費にかかる金額は毎月12万円から14万円ほどとなっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ