一人暮らしの食費の平均金額は2万円~3万円台。社会人は特に高く付く?

一人暮らしにおける平均的な食費を知ろう

初めて一人暮らしをする場合、生活費用の中で特に未知数なのが食費だと思います。

そこで今回は、一人暮らしの月の食費の平均金額について記事を書いていきます。

家賃や駐車場代など毎月の費用が固定されているものであれば、毎月かかる費用の予想は簡単に立てられますが、食費の場合にはその人の生活スタイルによってかかる費用が大きく変わってきます。

そのため、どのくらいかかるのか正直予想が立てにくいものです。

一人暮らしの月の食費の平均額

一人暮らしの食費の平均金額

食費のような変動費用の場合、他の人の生活スタイルを参考にすることで、おおよそではありますがかかる費用の予想を立てることができますが、
一般的な一人暮らしの平均的な食費の費用は2万5千円程度となっています。

大体のケースにおいて2万円から3万円の間となっていることが多く、自炊の頻度によって食費は大きく左右されます。

ほぼ自炊中心という人は2万円を切るケースも見られますし、逆に殆ど毎日外食をするという人は4万円近くなってしまうというケースも見られます。

特に節約をしやすい学生の場合、一日の費用が1000円として計算すると一ヶ月の食費がおよそ3万円となります。

この一日あたり1000円というのが食費の平均金額の一つの目安と考えられるでしょう。

毎日外食をしていれば一日1000円という目安の平均金額は軽く越えてしまいますし、スーパーの安売り食材などを上手に活用すれば1000円を下回ることも難しくはありません。

平均金額を目標とするならば、基本的には自炊をし、外食は月に数回程度とするのが理想的といえます。

頻繁な外食は家計にも大きな影響を与えるだけでなく、健康面にも悪影響があります。友人と楽しく外食をすることはストレス発散などプラスの側面もありますが、ほどほどにしておくのが金銭的にも体調面にも好影響を与えてくれるでしょう。

生活費を把握しよう

女性の社会進出が進んでいる今日の日本社会では、若い女性が一人暮らしを始めるというケースも珍しくはなく、性別を問わずに様々な年代の人が一人暮らしを行うのが今日の日本社会の特徴であるといえます。

新たに一人暮らしを開始する場合、新居決めや家具・家電の購入など様々な準備を行う必要があります。住居選びを行う際は建物の立地や部屋の広さなどはもちろんですが、毎月の家賃に気を使う人も多くいることでしょう。

平均金額を指標として、適切な一人暮らし生活を送りたいですね。

なお、参考までにですが、社会人である管理人の食費の平均金額はここで紹介した金額より上回ってしまっています。理由については→ 一人暮らしの食費の平均金額 管理人の場合

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ