一人暮らしの食費の平均金額: 管理人の場合

一人暮らしの食費平均は2万円から3万円だけど…

一人暮らしの食費の平均は2万円から3万円である..一人暮らしの食費の平均金額の記事にてそう書きましたが、実は管理人(20代後半)はこの食費の平均金額を大きく上回ってしまっています。

具体的には3万円後半〜4万円、さらに言うとかかってしまう月は4万円を超えてしまうことも。

何故こんなに食費がかかってしまうのか、その解説を今回はしていきたいと思います。

社会人は食費がかかってしまうもの

私は社会人になって数年が経ちますが、仕事において飲み会や同僚との食事など普段より食費がかかるイベントは必ずあるもので、避けようがないです。

しかし、これらは食費がかかるといったデメリットもありますが、お酒の席ということもあって普段話せない話ができたりする貴重な機会でもあるため、本当に嫌でなければむしろ参加するべきものだと思います。

また、シーズンによっては帰省して故郷の知り合いと飲んだり、はたまた彼氏彼女が居れば一緒に出かけたりと外食をする機会というのは決して無くなりません。

消費増税による値上げなどの影響

消費税の値上げも食費が平均値に収まらない理由

次に、食費そのものの値段が上がっているということが挙げらます。
個人的には地味にこちらの方が痛いかもしれません。

以前どこかの記事で書きましたが、私は平日の昼食と夕食は会社の食堂を利用しています。
安いメニューは200円代からとそこそこ安くよく利用していたのですが、この度消費増税に伴い大幅に値上げをされてしまい、最安値で300円代から、ほとんどのメニューで平均約500円程度の金額となってしまいました。

これでは食費を抑える事は難しくなります。
(自炊で弁当なども考えましたが、手間なども考えて断念しました)

また、普段の食事でも値上げの影響は多少はあるので、スーパーでの買い物や外食をする場合でも必要な食費に影響が出ています。

食費は無理して平均値に抑える必要は無い。

さて、いろいろ言い訳めいたことを書いてしまいましたが、私は一人暮らしの食費は無理して平均金額に抑える必要は無いものである、と考えています。

理由の一つで書いた付き合いによる飲み会があるということは仕方のないことですし、週末くらいは自分の街のいろいろなお店を開拓したいという思いもあると思います。
(また、基本的には社会人で一人暮らしを続けていく場合は年月によって使えるお金が増えてもいきます)

特に、後者のお店の開拓などは一人暮らしなどにおける醍醐味の一つであるとも思いますし、機会があれば積極的に行っていくことで一人暮らしが楽しくもなります。

自炊するときはするで、使うときは使う。
自炊ばかりでは、人と食事する機会も限られてくると思うので、そのようなバランスを考えてお金を使っていくのも一人暮らしに必要なスキルだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ