一人暮らしの毎月の生活費をシュミレーションしてみよう!

一人暮らしの生活費をシュミレーションする

一人暮らしの毎月の生活費をシュミレーションしておくことは大事です。

事前のシュミレーションをしっかりすることで、大体、一人暮らしにおいて毎月どのくらいの費用が必要になるのかを把握でき、そこから物件を借りるための予算を決めることが出来るからです。

生活費のシュミレーション例

まずは、現在の生活における月々の支出をチェックしましょう。

実家に住んでいる人は月々の支出がほとんどありません。

携帯電話の料金や税金や年金など、本当に支出が少なく大半の支出は私生活における出費が多いものです。

一人暮らしを始めると家賃を支払うことになりますし、光熱費やガス代、水道代など、今までの生活とは異なるほどに生活費が大きくなります。

こうした支出を細かくシュミレーションすることが大事です。

一人暮らしを始めるとまず家賃が必要です。
家賃3万の物件を借りたとして月々3万の支出が必要になります。

光熱費とガス代と水道代は生活の仕方によって金額が相当変わってきます。
それぞれが5000円だったとしても1万5000円で、家賃と合計すると4万5000円になります。

ここに食費を加えましょう。1日朝昼晩で一回の食事を500円として1500円です。
1月なら4万5000円かかるので合計すると9万になります。

ここに携帯電話の料金を5000円として9万5000円になります。

車に乗っている人なら維持費がかかります。一か月のガソリン代が5000円だったとして10万になります。

賃貸を借りる時に駐車場が必要ですが、これは別契約になっているなら費用がかかります。
1か月1万円の駐車場費用として11万円になります。

一人暮らしの生活費のシュミレーションとして大体このくらいの金額は抑えておきたいところです。

初期費用と生活費

実際は人によってはもっと金額が高くなると想定出来ます。
特に食費や光熱費などはかなり差が出るので、自分が一人暮らしをするとどのくらいの金額になるのかをしっかりと考えましょう。

一人暮らしの毎月の生活費をシュミレーションして予算が大体わかってきたら、最後に賃貸に関する初期費用を考えておくことが大事です。

賃貸は家賃だけでは借りることが出来ないので、契約時にまとまったお金が必要になります。

敷金などいくつかの初期費用があるわけですが、賃貸の初期費用は家賃ベースで金額が決まるので、家賃が高い賃貸ほど初期費用がまとまって金額になってきます。

しっかりとこの初期費用も検討して、毎月の生活費を合わせて予算を用意するように考え行くことが大事なので覚えておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ