一人暮らしの収納のコツ。デッドスペースを活用しよう。

一人暮らしを始めたばかりは収納を考えなくてもいいけれど..

一人暮らしを始めたばかりのときは、必要最低限のものしか揃っていないので、部屋はわりとすっきりした状態を保っていますが、月日がたっていくうちに必要なものが増えていき、どんどん手狭になっていきます。

たいがいの一人暮らしの部屋というのは、ワンルームまたは、1Kや1DKといった間取りですから、クローゼットなどの収納も少なく次第に居住スペースに物が溢れてきてしまいます。

かといって収納場所を確保するために大きな家具を置いてしまうと、圧迫感があり部屋の中でくつろげない雰囲気になるので困ります。

一人暮らしの収納術。デッドスペースを活用する

こうした場合、デッドスペースを活用した収納術を試してみましょう。

デッドスペースとは普段ほとんど利用されていない空間のことです。

一人暮らしであれば、自分が使用していない場所が思い当たるはずです。

例えばキッチンや洗面所のシンク下です。鍋や洗剤などの掃除道具などしまっているという方が多いようですが、その大半がこの空間をとても贅沢に利用しています。

これらの収納場所は高さがある上に奥行きが深いので使いにくく、ただそこに物を置くだけといった状態になってしまいます。

この空間を有効活用するためには、スペースを細分化する必要があります。

つまり、棚などを置いてスペースを2分割した後、さらにカゴなどを利用して細かく分けます。
カゴは奥行きに合ったものを選ぶと便利です。

収納スペースが少ない場合は、突っ張り棒を活用しよう

部屋のクローゼットなども可能であればハンガーを掛けるための付属のバーをはずして、突っ張り棒で2段にするとたくさん収納できる上に、服をかけるだけなので毎日の片づけがラクになります。

またトイレの天井付近には、ラックがついていて収納場所になっていることがありますが、トイレだけでなく玄関などの天井付近に突っ張り式のラックをつけることも、床に物を置くよりも部屋が広くなる効果がありおすすめです。

頻繁に出し入れするものではなく季節感のあるものや、使用の回数が限定されるものを置くとよいでしょう。

また目に入りやすい所なので、乱雑な雰囲気を出さないように色を揃えた箱などに入れて統一感を出します。

頻繁に使うものであればオープンシェルフやラックなど、向こう側が見えるようになっているものを置くと圧迫感がなく、出し入れもしやすいものです。

部屋の仕切りにもできるので、就寝スペースと食事スペースを分けるといったことにも利用できます。

このようにちょっとした手間と工夫で、狭い部屋でもすっきり片付けることができます。見せると隠すをうまく使い分けて、一人暮らしを快適にしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ