一人暮らしの通信費の節約方法。Wimaxへの1本化

一人暮らしの通信費の節約方法や平均金額

一人暮らしでは欠かせない出費に通信費があげられます。
通信費は固定電話の料金、さらにインターネット、携帯電話、スマートフォンの料金なども発生します。
インターネットや通話などの通信は欠かせないものですから、節約方法や平均金額がどれぐらい必要なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、一人暮らしの通信費の節約方法や平均金額について記事を書いていきます。

固定電話とスマホ

通信費は、まず固定電話も設置するとなると毎月の基本料金が必要です。そして、通話料も必要となってきます。
最近はインターネット回線を利用して固定電話を使うことも増えており、そうなると通常の固定電話の基本料金よりもさらに安く利用できるようになり、通話料も抑えることができます。

それから、管理人もそうですが、特に若い世代の場合はほとんど携帯電話やメールなどで連絡を取るということも多く、固定電話を利用しない方もまた少なくありません。
(管理人も固定電話は契約していません)

そうなると固定電話の基本料金や通話は発生しなくなります。

インターネットの場合は光回線が今は主流ですし、携帯電話も今はいわゆるガラケーよりも、スマートフォンを選ぶことが多くなっており、その両方の通信費を合わせると、やはり平均1万円前後は必要となることが考えられます。

より通信費を抑えるのであれば、家族間の割引を利用する、アプリを利用して、メールや通話代を抑えるという工夫もしていきたいところです。(一人暮らしでも家族割りは有効な場合がほとんどです)

自宅のインターネットの場合は通信費も固定となっていますので、多く使っても、使用時間が少ない場合も費用には差がありませんが、携帯電話の場合は使えば使うほど高くなりますので、こちらはかなり気をつける必要があります。

携帯電話の費用をより抑えたい場合は格安SIMを利用する、携帯電話会社を変更する、プランを変更するなどの工夫も行っていると良いでしょう。

WiMAXで通信費を節約する

一人暮らしだからこそ、通信費は節約することが出来ることがあります。

パソコンとスマートフォンの回線が別々であることは、多々あるはずですが、一人しかネット回線を使わないのに、複数の回線を持っていると、料金がかかってしまい、損です。1本化することで通信費を節約することが出来ます。

1本にするためには色々と方法がありますが、最も良いのは、WiMAXです。WiMAXは速度が速いことはもちろん、通信料に制限がないのでとても使いやすいです。このWiMAXのモバイルルーターを固定回線として使ってしまえば、1本化することが出来ます。

モバイルルーターは10台程度までは端末を同時に接続することが出来ます。そのため、パソコンやスマートフォン、ゲーム機、タブレッドなど、色々と同時にインターネット接続して使うことが出来るのです。

但し、デメリットもありますので、注意するようにしましょう。外出する時、スマートフォンやタブレットを持ち出す場合にモバイルルーターも一緒に持っていかなければいけません。

電波の入り具合が少し不安定です。また、モバイルルーターも充電する必要があります。

また、この契約をしようとしても、パケット通信をしないスマートフォンなんてありえないと思っているため、店員がわからない場合があります。

スマートフォンは使っていない場合でも、データの送受信をしているので、設定でモバイルデータ通信をオフにしておくようにしましょう。

しかし、モバイルルーターを持ち歩くのがいやという人もいるかもしれません。その場合は、パソコンの固定回線の通信費を出来るだけ低く抑えます。

乗り換えをする時に、ブロバイダのサイトで手続きを行うのではなく、比較サイトなどから行うと特典がついてきたり値引きしてくれたりします。

スマートフォンで節約したい場合は、通信量が少ないプランで契約をしておいて、WiFiを利用するようにします。

また、パケット通信料を管理してくれるアプリを使うという方法もあります。通話をしない人であれば、格安スマートフォンを利用するようにすることも一案です。

このように、一人暮らしの通信費の節約方法は色々とあります。

特にWiMAXがとても一人暮らしには良いですが、モバイルルーターを持ち歩くが面倒という人もいるはずなので、その場合は、パソコン、スマートフォン、それぞれの方法で節約するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ