一人暮らしの家賃の目安はどれくらい?

一人暮らしの家賃の目安

一人暮らしの家賃の目安は、物件の相場から判断するのではなく、自分がいくら出せるのかで考えましょう。

だいたい最大でも収入の1/3が目安と言われていますが、家賃は他の生活費との兼ね合いが必要ですので、結局、重要な事は賃貸の相場ではなく自分の収入がポイントになります。

月々の支出を把握する

賃貸の相場については、あまり心配する必要はなく安い物件を探そうと思えばかなり格安な賃貸を見つけることは可能です。

高額な予算を用意できるほど快適な生活を送れる賃貸を選ぶことが出来ますし、逆に予算が低くなるほど賃貸のグレードは低くなっていきます。
一人暮らしのためにいくら予算を用意出来るかを把握するために、まず月々の支出を把握しましょう。

勿論、現在、実家に住んでいる人の場合なら賃料の支払いが無いですし、光熱費も親持ちならば出費が無いため把握することはできません。
一人暮らしをしている自分の姿をシミュレーションし、家賃+光熱費など様々な事にお金を計算し、その金額に現在の自分の毎月の支出に加えることで計算をしてみましょう。

そうすると、大体自分が毎月いくらほどまでなら予算を確保できるのかが見えてくるので、その金額を目安にして賃貸探しをすることが基本になります。

当然ながら、毎月の生活費として食費など家賃に関連する費用以外の支出も計算に入れましょう。
(実際、一人暮らしを初めて見ると特に食費は予想と違ってくることが多いのですが)

このように家賃の目安というのは自分の毎月の収入と支出から算出しましょう。
物件の相場に自分の予算を合わせるときりがありませんので。

逆に自分の予算に物件の家賃を合わせるようにして選ばなければ、入居後に生活が苦しくなります。

家賃と初期費用を合わせて計算する

一人暮らしの為に上記のようにして予算を考えてから物件を探すことになりますが、費用については初期費用の事もしっかりと覚えておきましょう。

賃貸とは毎月賃料を払えば入居出来るとは限りません。物件によっては入居時に頭金が必要です。

これを不動産業界では初期費用を言いますが、頭金となる敷金以外に礼金や手数料など、色々な費用がかかります。
この初期費用についても検討しながら物件を選ばなければなりません。

初期費用の目安については敷金礼金がそれぞれ賃料1~2か月分、仲介手数料が賃料1か月分、前家賃が賃料2か月分ほどが相場なので覚えておきましょう。

合計していくとかなり高い初期費用になりますが、これは物件によっては敷金礼金が0円の物件、前家賃が必要ない物件、仲介手数料が安かったり0円の物件もあるので、本当に物件によってかなり初期費用の金額は変わります。
(ただし、特に敷金が0円な場合、退去時などに余計にお金がかかってしまう場合があるので念頭に置いておきましょう。)

一人暮らしを始めるための費用は上記のような様々なポイントをしっかりと見なければなりません。

One Response to “一人暮らしの家賃の目安はどれくらい?”

  1. 実際に悩むその前に。知っておきたい効率のいい賃貸物件の探し方! | トレンド記事・憩いの時間 より:

    […] 出典一人暮らしの家賃の目安はどれくらい? | 一人暮らしの費用ファイル […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ