一人暮らしの家賃の相場はどれくらい?

一人暮らしの家賃の相場は条件により異なる

一人暮らしの家賃の相場は学生か社会人かによっても異なります。また、性別や年代によっても違いがあります。
今回は、それぞれのパターンごとに解説していきます。

一人暮らしの家賃の相場 社会人編

社会人が暮らす賃貸物件となると、通勤の利便性が高いところやある程度作りの良いところ、時には家族や友人などを止めることができる広さや収納があるところを中心として探すようになりますので、やや高めの物件が人気になります。

一人暮らしをするときには、基本的に自炊をするようになりますが、社会人になると自分で食事を作る余裕があまりない人も増え、利便性の高い立地、コンビニやスーパーなどが近くにある立地を選ぶ傾向にあります。

こういった条件の良い物件は家賃相場も高く、都内であれば7~8万円以上は出さなければゆとりのある部屋は借りることができません。

なお、一般的には一人暮らし用のワンルームマンションの家賃の相場は5~6万円程度といわれていますが、トイレやおふろなどが共同になっている集合住宅であれば3万円程度のところもありますし、部屋がいくつかある広めの物件や立地条件が特に良い物件などは10万円を超えるところもあります。

一人暮らしの家賃の相場 学生編

一方、学生の場合、電車や自転車で活発に動き回る時間の余裕がありますので、多少中心地から離れていても家賃が安いところを選んだり、学校に近いところを選んでいます。

そのため、都内でも5~6万円程度で十分満足できる物件が見つかることも多く、オートロックやセキュリティシステムのある物件でも立地条件次第でかなり手ごろな価格のものを見つけることができます。

なお、通常は学生むけの一人暮らしの賃貸物件というのはある程度低めの家賃相場になっていますが、女性用のマンションはセキュリティがしっかりしているところを選ぶ傾向にあるため、男性用の賃貸物件よりも相場が1万円以上高くなることもあります。(Webサイトなどで女性専用と書かれた物件のことですね)

家賃だけでなく周辺環境も考慮しよう

一人暮らしを始めるにあたって、家賃というのは固定的な費用であり、しかもかなりの高額で生活費の中で大きな割合を占めています。

引越しにも費用がかかりますが、家賃をある程度抑えることによって継続的な節約にもつながりますので、物件選びをするときには、利便性と価格を比べてコストパフォーマンスの高いものを見つけるようにしましょう。

賃貸物件を長期的に利用する予定がある場合には、収納や近所の環境なども考慮に入れて、快適に生活することができる物件を妥協せずに探す必要があります。

そのため、地域の情報に詳しい不動産業者に早めに相談したり、普段からサイトをチェックしてみるとよいでしょう。

そうるうことで一人暮らし用物件の家賃相場をある程度知ることができるので、物件選びに失敗しにくくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ