一人暮らしの食費の節約方法は「まとめる」こと!

無駄を省いて、効率的に節約しよう

実家暮らしと比べて一人暮らしは人数が少ないからといって、必要となる食費は安くなるとは限りません。

食材を買うときには、一人分だけを買うことが難しいものですから、余計な分まで買ってしまって無駄が多くなります。

節約をするためには、食費にかかる無駄を効率よく省いていくことが欠かせません。

無駄をなくすための努力は、毎日のように行わなければ一人暮らしの生活を良くすることは難しくなります。

そこで今回は、一人暮らしの食費の節約方法を紹介したいと思います。

一人暮らしの食費の節約方法

食費を節約するためには、保存ができる食材を多めに買っておくと役立ちます。

乾麺などは長持ちがして、量が多いほど安いものです。

一人暮らしの場合は、1度に炊くご飯の量が極端に少ないのが問題です。

1合だけを炊くよりも、5合くらいの米をまとめて炊いたほうが美味しいのは明らかで、光熱費の節約にもなります。

主食となる米は、およそ1週間分を目安として炊いてから、ラップで包んで冷凍にしておきます。

冷凍にしておけば、食べたいときには電子レンジで温めるだけで利用できます。

1回の食事ごとにご飯を炊くよりも、まとめて炊いて冷凍保存して、1食ごとに電子レンジで温めて食べたほうが、電気代は安くなります。

また、食費の節約を確実に成功させるためには、1か月分の予算を決めておくことも大切です。

無計画に食材を買うよりも、自分で設定しておいた予算の範囲内で買い物をしたほうが、お金の無駄使いをすることがなくなります。

一人暮らしを始めて最初の数ヶ月間は試行錯誤の連続ですが、ちょうどいい予算額が分かるようになれば問題ありません。自分の収入に考慮して、適切な予算を設定できることも大切な能力です。

食費を節約するためには、近所のスーパーの特売情報は欠かさずに見ることが大切です。

最近ではインターネットを使えば、全国のスーパーのチラシが閲覧できます。
スーパーでは曜日ごとに卵が安い日や、肉が安い日などを設定していることがあります。特売をうまく利用して、時には見切り品も安く購入すれば非常にお得に買い物ができます。

一人暮らしの食費の節約方法・番外編

また、ちょっと難しいかもしれませんが、食費を節約するために非常に役立つのは、野菜を自分で作ることも挙げられます。
仮に、庭がある家で一人暮らしをしているならば、家庭菜園を行わければもったいないものです。

夏であれば、ナスやピーマンなどの実野菜を育てれば、秋までは収穫ができます。
ネギや紫蘇を育てていれば、薬味が必要なときにはすぐに収穫して利用できます。

数種類の野菜を自給するだけでも、食材を買うための費用は安くできます。

なお、一人暮らしでは広い庭が無い場合が多いですが、プランターを使ってトマトやナスを育てることも十分に可能です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ