一人暮らしの間取りは、1R、1K、1DK、1LDKどれがお勧め?

一人暮らしの間取りを決めよう

一人暮らしの部屋探しで気になるのは間取りです。

家賃や立地、築年数などとの兼ね合いもありますからある程度妥協をせざるを得ない部分もありますが、ある程度長い期間を過ごすことを考えると、暮らしやすさという点でも大切な条件となります。自分のライフスタイルを考えて決めると良いでしょう。

今回は、この一人暮らしの間取りを選ぶ際の考え方について書いていきます。

一人暮らしの間取り 1R、1Kの場合

一人暮らしの住居として一般的なのは1R、1K、1DK、1LDKといった間取りになります。

1Rは基本的にすべての機能が一部屋に収まっているタイプで、キッチンも部屋の中にありますし、バス・トイレのドアも部屋の中にある場合があります。

コンパクトで機能的であるとも言えますが、特に料理をよくする人の場合には、部屋全体にニオイがこもってしまうというデメリットがあります。

1Rタイプではキッチンも小型の簡単なものがついているケースも多いので、あまり料理はせず外食・中食中心といった人であれば、家賃も安めなことが多いのでお勧めと言えるでしょう。

1Kは部屋とキッチンが完全に分かれているタイプです。
部屋は部屋として独立しており、きちんとドアで仕切られているものがほとんどなので、料理のニオイがこもるという心配はありません。

キッチンも簡単なキッチンセットから本格的なシステムキッチンを備えたものまであるので、自炊派にはお勧めです。

一人暮らしの間取り 1DK、1LDKの場合

1DKは独立したダイニングキッチンを備えているものです。

ダイニングセットを置くスペースがあるので、寝食を別にすることができます。

食べるのも寝るのも同じ部屋ではちょっと…というこだわり派にお勧めです。

ただし、1K、1Rに比べると立地や築年数、面積が同じである場合、家賃が少々高めになる傾向があります。

1LDKはリビング・ダイニングと寝室が別になっているものです。寝食を分けるだけでなく、リビングとベッドルームも分かれているので、たとえば人を招くときなど1DK以下の場合ベッドが丸見えになってしまい、人によってはそれに抵抗を感じることもあるでしょう。

1LDKであれば寝室はまったく別になっており、ドアを閉めればベッドを見られることもないので安心して人を呼ぶことができます。

一人暮らしの間取りとして少々贅沢かもしれませんが、本来はリビング・ダイニング・ベッドルームは別々になっているのが理想であり、予算が許すのであれば選びたいものです。

一人暮らしの間取り 管理人の場合と選び方

部屋は広いほど良い、という考え方もあるかもしれませんが、一人暮らしの場合は機能性も重要です。家は寝に帰るだけ、という人もいるでしょうから、ライフスタイルに合った間取りを選ぶことが大切です。

ちなみに管理人の場合は、最初は1R、そして次は1LDKでした。
1Rは会社の寮だったため、食事は食堂があり便利でしたが、知り合いの部屋を含めて見てみるとやはり最低でも1K以上がお勧めといえます。(なお、次は1Kか1DKにしようかと考えています)

1LDKの間取りは一人暮らしには逆に少し広すぎるとも言えるので、そこはやはり個人の考えによると思います。現在は、少し掃除が大変でかつ家賃も高めなので(笑)

決めかねる場合は、知り合いで一人暮らしをしている人に聞いてみるのが一番お勧めです。
もちろん今回書いていない2LDK以上でも全く問題ありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ