清潔 > 節約!一人暮らしだからこそ大事にしたい清潔さ

一人暮らしに汚いはダメ!

今回の内容は、一人暮らしにおける節約と清潔の話
私が一人暮らしをするうえで体験した、とある「臭い」についてです。

一人暮らしにかかわらず、手持ちの服は古くなった捨てて新しい物を買うと思いますが、一人暮らしをしていると、毎日使う生活雑貨が古くなることはつい忘れがちです。

節約のため雑貨を使い続けるのは大事なことですが、古くなった雑貨を使い続けると思わぬトラブルが起きるので注意が必要です。

古いバスタオルの恐怖

古いバスタオルにはご用心

私が一人暮らしを始めて1年ほど経過したときの夏、お風呂でシャワーを浴び、脱衣所でバスタオルで体を拭いていました。

脱衣所には洗濯機がありますが、一人暮らしなので数日分の洗濯物がストックされており、中には前の日に使ったバスタオルも入っていました。

そこで、何気なく洗濯機の中にあった前の日のバスタオルのニオイをかいでみると…
なんとそこからは、なんとも不快な「アンモニア臭」がしました。

驚いて自分の体のニオイをかいでみましたが、特にボディシャンプーのニオイがするのみで、特にそんなニオイはせず。

でも、またバスタオルのニオイをかいでみると「アンモニア臭」が…

実はこれ、調べてみたところ古くなったタオルや衣服を生乾きのまま放置したときに起きる現象でした。

タオルに付いた雑菌が暑さの影響で繁殖するようで、一度ニオイが洗ってもそれはなかなか落ちず、次の使用時にもまたそのアンモニア臭がぶり返してしまうというものでした。

衣服でも発生することはありますが、毎日繰り返して使うタオルでは起きやすい現象のようで、こうなってしまうと、洗わずに2日連続で使うのは、正直気持ち悪くてやってられない状態です。

対策は漂白剤につけるか、買い替える

こうなってしまったらもうニオイは取れないようで、対策としては、「漂白剤につける」か「タオルを買い替える」しか無いようです。

私は最初は漂白剤に付けていましたが、今はAmazonや楽天などではバスタオル5枚セットで2000円しない金額で買えるので、極力アンモニア臭が出てきたら、清潔のため新しいものに買い替えるようにしています。

一人暮らしでは費用を減らすのため、生活費を節約することはとても大事です。

しかし、個人的には清潔さは自分自身のブランドにも関わってくる最も大事なものだと思うので、清潔さを保つことに関しては極力優先するようにしています。

これはベッドのシーツや枕カバーにも言えることなので、特に夏や残暑が厳しい季節は優先的に洗濯したりして清潔さを保つようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ