女性の一人暮らし費用の平均は? 

女性が一人暮らしをした場合、費用はどれくらいかかる?

一人暮らしに憧れる女性は多いでしょう。

特に、社会人になるまでずっと親元で暮らしていた人は、社会人になって早く一人立ちをし、自室を自分の好きなインテリアにして、自分で料理をしたり、お菓子を作ってみたりしたいという人もかなりいるはずです。

では、実際に社会人の女性が一人暮らしをした場合、その費用は、どのくらいかかるものなのでしょうか。

月収が18万円のOLが、家賃6万円のワンルームマンションで生活したと仮定してみましょう。

女性が一人暮らしをした場合の費用の目安

まず、家賃に加えて光熱費がかかります。季節や使用頻度にもよりますが、電気代やガス代、水道代すべて込みで、2万円から3万円ほどかかることもあります。
ですから、収入の約半分は、家賃と光熱費という必要経費にかかる計算となります。

それ以外にもインターネットのプロバイダー料金や携帯の費用、固定電話を引く場合はその費用も必要となりますし、TVを観る人はNHKの受信料なども見ておく必要があり、これでざっと1万円ほどにはなります。

その他に食費があります。
女性の場合は自炊ということも多いでしょうが、たまには飲み会とか、友達と一緒に食事などといった外食のこともあるでしょうから、やはり3万円ほどはかかると考えておくといいでしょう。

この場合、後に残った5万円から6万円が自由になるお金となります。
お昼に外食をするとその分がかさむという人は、お弁当を持って行くといいでしょう。

また、いくらかを貯金に回すとなると、手元には残る額はそう多くはありません。

それでも、どうしてもほしい服や化粧品があるとか、旅行に行きたい、あるいは、友達の結婚式でご祝儀が必要などといった場合には、買物はクレジットカードをうまく利用するとか、ボーナスが出た時に、何分の一かを貯金するなどのやりくりが求められるようになります。

クレジットカードを使う場合は、ひと月で1万円程度を目安としておくと、無駄遣いが少なくなります。

もちろん、これより多額の収入がある場合は、物件選びや出費にももう少しゆとりが出て来ますが、まだ収入が多くない間は、経費に取られるお金は結構多いと考えておいてください。

自営業の場合

会社に勤めている場合は上記のような感じが目安ですが、自営の女性で一人暮らしの場合はまた事情が違ってきます。

勤めている場合のような定収入がありませんので、そこそこの収入が無い限り、物件探しでハンディがあるケースもあります。

もしどうしても入居したい物件がある場合は、大家さんに相談して、1年分ほど家賃を前払いしておくとスムーズに入居できることがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ