女性の一人暮らしの生活費は男性よりも高くなる?

一人暮らしでは、女性のほうが生活費は高くなる

女性の一人暮らしの毎月の生活費は男性に比べるとやや高くなることが多いです。

この理由はファッションにこだわることが多く、美容に力を入れる人が多いからです。

男性の場合はお化粧をしませんし、ファッションにこだわるにしてもそれほど何着も着まわせるほど服が必要ということもありません。

やはりファッションに敏感な女性の場合は服などの物を購入することが多いですし、男性には無い化粧品の購入、そして美容のためにエステを利用したり頻繁に美容室へ通うなど、こうした内容からの出費が男性に比べると高くなります。

食費は男性の方が多い

逆に食費については男性の方が高くなることが多いです。

これは体つきから考えても食べる量が男性の方が多いので、当然ながら食費は男性の方が高くなります。

一人暮らしではお部屋に様々な家具や小物などを買い揃えるものですが、この点についてはやや男性の方が予算は低くなると言えます。

女性はとても見た目にこだわる傾向があるので、かわいい物などを自分の空間へ揃えたいと思うことが多いです。

また、調理器具などに関しても料理することが多いので費用は高くなる傾向があります。

結局のところ、生活費という面では上記のようにファッションや美容などに関する出費と男性の食費などを相殺するとあまり大差は出ない、あるいは人によりますがやや男性の方が生活費は安くなると言えます。

支出を把握して費用を計算しよう

女性の場合、一人暮らしで最低限必要となる支出は男性よりも自然と低くなると言えますが、ポイントになるのは私生活でどれだけの支出があるのか、ここが重要です。

節約しようと思えばかなり支出を抑えることが出来ますが、どうしても化粧品などは買う必要があり、この点は男性との大きな違いになります。

一人暮らしを始める為にどのくらいの生活費が必要になるのかはしっかりと自分の生活スタイルから金額を算出しましょう。

毎月どのくらいの生活費が必要になるのかを把握することが出来ると賃貸選びをする時にどのくらいの家賃ならしっかりと生活を送ることが出来るのかを把握しやすくなります。

毎月の食費などの費用に加えて女性特有と言える上記のような費用もしっかりと考慮してどのくらいの家賃が最適なのかを見出してみましょう。

家賃を抑えるほど私生活で使えるお金が増えますし、私生活の出費を抑えるほど充実した賃貸を選びやすくなります。

うまく自分の生活スタイルからバランスを考えて賃貸選びをすることが大事なので支出を把握するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ