物件の共益費の相場はどれくらい?

共益費とは?

共益費というのは、マンションやアパートなどの集合住宅の維持管理を行うための費用です。

例えば、廊下や階段、エレベーターなどがこれに該当し、電灯が切れたときやエレベーターの故障などの修理、衛生管理などのために積み立てておくというものです。

また、ゴミ出し場や駐輪場などの管理も含まれていますので、毎日の生活を快適に、安全で衛生的に過ごすためには必要不可欠なものです。

集合住宅にすんでいると家賃以外の毎月の経費ということで敬遠されがちな費用ですが、いざ修理や部品の取替えなどが必要になったときに別途費用請求をされずにすむというメリットがありますので、相場に適した金額であればこれも必要経費とみなして払うと良いでしょう。

なお、この費用があまり必要ない集合住宅というのは逆に大家や管理人がきちんと住宅を管理していないということも考えられますので、住宅選びのときには注意が必要です。

共益費の相場

一般的な共益費の相場価格は、月額家賃の5%~10%ラインといわれています。

もちろん、物件を管理する大家や管理人の判断によって決まりますので必ずしも一律の相場ではありませんが、多くの集合住宅の家賃などを見ると金額に関わらずこれくらいの割合で請求しているところがほとんどです。

逆に言えば、この金額よりもかなり少ない共益費しか請求していない住宅というのは管理がいい加減になっている可能性がありますし、10%を大幅に超える費用になっているときには、何のためにこれだけ高額な費用の支払いが必要になるのかということを確認しておいた方がよいでしょう。

エレベーターが設置されていたりセキュリティシステムがついているマンションなどは故障したときの修理費も高額になりやすいため、一般的な相場の中でも高い割合になりやすいです。

安全性を意識してオートロックや入り口の認証式のマンションを選ぶ人も多いですが、毎月の負担金額についてもあらかじめきちんと確認しておいた方がよいでしょう。

管理費

なお、これとは別に管理費という名目の負担がある場合もあります。

こちらは物件全体の維持管理のために必要な積立金で、大規模な修繕を行うときなどに使用されますが、賃貸の場合には両方請求されるとかなりの支出になりますので、トータルの毎月の負担額がどれくらいになるのかということを仲介業者に確認しておくことをおすすめします。

また、これらの積み立てがきちんと管理されているかどうかも確認しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ