社会人の一人暮らし費用の平均は?

社会人の一人暮らし費用の平均は約14万円

社会人の一人暮らしの場合、月々の費用は平均でどの位になるのでしょうか。

最初に答えを書いてしまうと、社会人の一人暮らしの場合、費用は全国平均で約14万程度にもなるのだそうです(生活費+家賃)。

特に無駄遣いや借金をしているわけでもないのに、なぜこんなに掛かるのかと思う人もいるのでしょうが、その内訳を聞くと意外と納得してしまいます。
まず、家賃ですが、一人暮らしの場合、大体6万~7万程度かかります。

もちろん場所によって費用相場が異なりますのでこれより高い場合安い場合いろいろありますが、この金額が非常に大きいのです。

さらに、食費が訳2万程度、光熱費や水道費で訳1万程度、これだけで訳9万にもなります。(実際には社会人は外食が多くなるため、食費はもっと多めかもしれません)

さらに、スーツやYシャツなどの衣服に約2万、携帯電話はもはや社会人の必需品なのですがこの費用が約1万と、現在の社会人として必要な費用だけで訳14万程度にもなってしまうのです。この数字は意外と驚きの数字です。

実際には平均以上にかかる場合がある社会人の月々の費用

学生の方には、なぜそんなにかかるのかと思われる人も多いでしょう。

さらに、このほかに多少のつきあいは必要ですし、そうなるともっと費用はかさんできてしまいます。

学生のときには、親元にいる人や学生寮にいる人が多いので、光熱費や食費が自分の財布から出ていくことが無いので生活費という実感がなかった人がほとんどだと思います。

基本的には自分の為に使えるお金だけが自分の財布から出ていたので、生活費がこんなに掛かるという事は社会人になって初めて知ったという人がほとんどでしょう。

費用の節約方法について

しかし、中には上手に一人暮らしを行い、節約をしている人も少なくありません。

その一つが最近話題のシェアハウスです。

このシェアハウスを利用することで家賃を格段に減らすことができます。

一人暮らしと違い、他人と一緒に生活することに抵抗がある人もいるかもしれませんが、基本的に部屋は別々で、共有スペースがあるという形がほとんどなので、慣れれば苦にならない程度なのかもしれません。

さらに一人暮らしの費用を削減する方法は、食費です。

お弁当を作ったり、外食を減らして自炊することで節約することができます。

外食ばかりだと栄養が偏って体にあまり良くもありませんので、毎日ではなくても、効果的に自炊をすることを心がける方がよいようです。

しかし、社会人としてのつきあいがあるので、なかなか思い通りにはならない部分があるので思ったほど効果が上がらないこともあります。

社会人になったらすぐにお金がたまると思っている人は多いかもしれませんが、実際にはこのように色々と出費がかさみ、なかなかお金は溜らないものなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ