東京での一人暮らし。物件の家賃が安いエリアは?

東京は一人暮らし用の物件でも家賃が高い

東京といえば日本の首都であり、その人口が密集し日本の政治と産業の中心地となっている場所です。

そして当然のことながら、日本の中心である首都東京の物価は他の都市部に比べても高くなっています。そして東京で初めて一人暮らしをする人にとっては、その物価や家賃の高さに戸惑う人もいるかもしれません。

さてそれでは、高いと言われている東京での一人暮らしですが、その実際の相場はどのような金額になっているのでしょうか。

ここでは、実際の具体的な金額などを用いて東京の一人暮らしの家賃相場などを見て行きましょう。

東京は、エリアごとに物件の家賃に大きな差がある

まず、大都市圏で一人暮らしをする上では毎月の家賃ですが、実は一口に東京と言っても様々なエリアがあり、その場所によっては同じ都内でもその家賃に大きな金額の差があります。

また最近は少子高齢化に伴い、都内の地域の中には空き部屋が多くあり、そのようなエリアにおいてはその相場が低く、また敷金礼金等を必要としない物件も数多く存在します。

そして空き部屋の多いエリアは、都内でも山手線の外側のエリアや都内の郊外、そして小さな鉄道沿線の駅などに存在します。

ですので、より安い家賃相場の部屋を探すためにはこれらのエリアをピンポイントで選択しながら、自分の職場や学校などの距離を確認して、部屋探しをするのが良いかもしれません。

ところで、これらの比較的安めの場所のお部屋と、山手線の内側のお部屋の金額の具体的な相場についてですが、山手線の内側と外側では、同じような施設の物件でも一万円から二万円程度の金額の差があり、その中でも山手線の大きな駅のエリアや人気の駅などは、3万円ほどの開きがあります。

特に山手線の駅の中でも渋谷や原宿などの駅のエリアでは、その傾向が顕著であり、このエリアに若い人が集まりやすいという背景を如実にその数字で表しています。

家賃を抑える方法

ただ、これらの人気のエリアは最近シェアハウスという、新しいタイプの住宅も多く存在しています。

シェアハウスは似たような年齢や仕事を持つ若者が同じ屋根の下に集まることも多く、初めて都内で一人暮らしを始める人にとっては同じ世代の友人も作りやすく、若い人にはうってつけの物件かもしれません。

またこれらのシェアハウスは、家賃の相場もアパートの一部屋を借りるより金額が低く抑えることが出来るという利点があり、キッチンやその他の場所を共有することが殆どです。一人暮らしに不安はあるものの、対人スキルに自身のある人には適した物件といえるかもしれません。

また人気のエリアでも古い昭和の時代に建てられた物件は、施設では新しいものに比べれば見劣りしますが、そのお部屋の金額は非常にリーズナブルになります。これらの点を見てみると、都内には超高級物件から激安のお部屋まで、ありとあらゆる物件が存在している場所といえるかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ