女性が東京で一人暮らしした場合、費用はどのくらい必要?

女性が東京で一人暮らしする場合の費用

関東、特に東京で一人暮らしをされる方が増えています。

色々な理由なのですが、たとえば地方から通学や通勤のために都心に引越しをしてくる場合、一人暮らしとなるケースが多いようです。学校や企業は東京に集中しているため、当然と言えますが。

今回は、女性が東京で一人暮らしをした場合の費用について書いていきます。

東京で女性の一人暮らしする場合、物件はしっかり選ぶ

女性ですと、男性よりも生活費がかかるという傾向があります。

もちろんその場合は、自炊をしたりするケースもありますので、食費の面では女性の方が効率よく行うことができるという傾向があるようです。

しかし、物件的に見たときに、特に女性が東京で一人暮らしを行う際には、セキュリティーの面で安心できるところにしたほうが良いでしょう。

東京ですと、治安の面でも不安なところがありますので、女性の場合でしたらマンションでもアパートでも、2階以上の部屋をおすすめします。

一階ですと、泥棒や不審者などが入りやすいという不安もありますし、もちろんできるだけオートロックのところの方が良いでしょう。

そういうことを考えますと、東京の物件の相場などもありますし、地域によっても変わってきますので、一人暮らしといってもかなり幅が広くなるかもしれません。

地価が高いところに住むことで、家賃がかなり高くなります。
(東京の中でも、かなり変わってきます。)

あとは、どれぐらいの生活レベルを求めているかということです。

食生活に関して、かなり切り詰めていくということが必須となります。

自炊をして、お弁当を持参するということで、さらに間取りとしてもワンルームということであれば、なんとか足りるかもしれません。

しかし、そこから水道、電気、ガス代などもありますし、洋服代、また化粧品代金、必要なものが女性の方が多いかもしれません。

ぎりぎりのところで言えば10万円ですが、余裕をもつということになりますと、15万円はいるでしょう。

女性の場合、食費は抑えられる傾向だけれど..

男性の場合ですと、やはり一人暮らしをすると食費にお金がかかるという方が多いようです。

それと比較して、女性は自炊ができる方が多い傾向にあり、食費の面ではかなり抑えることができる場合があります。

しかし、それ以外の必需品というものがどうしても増えてしまいますし、交際費というのもありますので、その点はどう節約していくかということは考えていく必要があるかもしれません。

まずは、こういった相場を理解した上で、あとは細かいランニングコストはやはりその人その人で異なる場合が多いこともありますので、検討されてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ