東京の一人暮らしの毎月の生活費の目安はどれくらい?

東京での一人暮らしをする前に、生活費を考えてみよう

東京は賑やかな都市です。
一人暮らしを東京でしている人は地元が東京という人は少ないのではないのでしょうか。

逆に、地方に住んでいる人にとっては東京での一人暮らしに憧れる人は多いです。私もそうでした。

しかし、憧れだけではなく、東京での一人暮らしでは1カ月の生活費がどのくらいかかるかを、しっかりシュミレーションしておくことが大事です。

もし東京で一人暮らしをしたことがある人が周りにいるならば、聞いてみると参考になります。

生活費の前に..家賃について復習

さて、生活費の話をする前に、以前の記事で書いた東京での一人暮らしの家賃の話を復習します。
生活費と家賃は同じ月々にかかるお金なので、一緒に考えるべきものです。

さて、家賃は、手取りの月収の3分の1が目安といわれています。

20万円くらいの手取りならば、7万円前後の家賃を探すといいでしょう。

東京の家賃は、他の地域に比べたら高いですが、少し駅から離れた場所や、古いタイプの賃貸物件だと、少し家賃も安くなるので、探してみるといいでしょう。また、安いエリアもあるので、学校や職場からの距離を調べて探すのがおすすめです。

なお、東京の一人暮らしの物件は、一人暮らし用だと、5~7万円前後の賃貸物件が多いです。

部屋を探す場合は、駅から何分くらいまでとか、築何年までとか、バストイレが別とか、2階以上とかの希望条件をしっかり決めてから不動産に行くことが大事です。

希望条件がたくさんある場合は、これだけは譲れない条件を絞り込んで探すと、部屋が見つかりやすいです。
不動産選びも大切で、良い不動産には良い物件が多く集まるので、希望通りの物件を探しやすいです。

良い不動産かどうかの見極めは、店の雰囲気やスタッフの応対で判断しましょう。
初めての場合は、一人で行かず、できればその地域に詳しい人と一緒に行ってもらうといいです。

その地域に詳しければ、いろんなアドバイスをしてくれるので、希望通りの物件が見つかりやすいです。

東京の一人暮らしの生活費について

さて、前置きが長くなりました(笑)
ここからが本題、生活費です。

部屋が決まって、一人暮らしを始めると、やはり気になるのは生活費です。

東京は地方に比べて物価も高いので、より生活費も多くかかると考えた方がいいでしょう。
電気やガス、水道などの光熱費もどのくらいかかるか、しっかり把握しておくことが大事です。

電気代は、季節によって大きく違います。
春と秋はだいたい3000円前後で収まりますが、夏と冬は冷房や暖房などを多く使うため5000円くらいかかります。

ガス代は3000円~5000円くらいかかりますが、お風呂に浸かる人と、シャワーのみの人ではだいぶ違います。

水道代は一人暮らしの場合は3000円くらいで、ほとんど基本料金以内ですみます。

1カ月の光熱費は、10000円前後の人が多いです。

食費は、外食と自炊では大きく違ってきます。
自炊が多い人は25000円前後で、外食が多い人は7~8万円くらいかかります。
節約生活を心がけるなら、自炊を多くするといいでしょう。

他にも通信費や交際費、洋服や化粧代、日用品などのお金が、月50000円は必要です。
東京で一人暮らしをする場合の生活費は、150000円くらいかかりますが、節約を心がければ10万円くらいでも生活できます。

住む場所によって食費などの費用は変わると思いますが、東京での一人暮らしならではのお得情報も多いのが地方にはないところだと思います。

なお、ここで述べたのはあくまで目安です。
詳しくは各ページで紹介しているので、そちらも参考にしてください。

One Response to “東京の一人暮らしの毎月の生活費の目安はどれくらい?”

  1. […] は、150000円くらいかかりますが、節約を心がければ10万円くらいでも生活できます。 引用元-東京の一人暮らしの毎月の生活費の目安はどれくらい? | 一人暮らしの費用ファイル […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ