実家暮らしの生活費の目安は?

実家暮らしをする人が増えている

不景気ということもあり、実家暮らしをされている方がとても増えています。

その中で、学生でもないのにまだお小遣いをもらったり、生活費を逆に払ったりしていないということで生活をしているといういわゆるニートという割合が増えていることも確かです。

実家暮らしをする上では、やはり親ですから、文句を言いつつもごはんを作ってくれたり、お小遣いをせがまれて渡してしまうという親もいるのかも知れません。

しかし、それはできるだけ避けて通りたい道です。

実家暮らしなら生活費を家に入れよう

もし、学生を卒業して、就職しているのであれば、生活費として家に入金するのは常識です。

今まで育ててくれた親に対してもそうですし、もし実際に一人暮らしをすることを考えたときには、家賃、ガス、水道、電気などの光熱費、また食事代であっても、当たり前にかかってくることなのです。

それを考えたときには、それを生活費として親に渡すというのはある意味常識的なことでもあります。

また、実家暮らしであれば、できるだけ貯金をするように心がけましょう。

これから先、もし一人暮らしをするようになった時のことを考えてもそうですし、結婚であったり、何か将来的に仕事でしたいことがあるという時でも、お金は必ず必要になります。

その時のために、ためられるときに貯めるという癖をつけておきましょう。

実家暮らしの生活費の目安

ちなみに、実家暮らしの方が生活費として実家に収めるお金は、だいたい3万円~5万円といわれています。
一人暮らしでいうと家賃と水道光熱費そして食費の一部がこの金額となるため、この金額が生活費のベースとなってきます。

もちろん働いて給料としていただくお金の割合にもよるでしょう。あとは、どれだけ親に甘えているのかということでも、その額は変わってきてしまうかもしれません。

あくまでも目安としてですが、これ位渡していれば、親も文句は言わないでしょうという額です。

あとは、それ以外で掛かるものがあれば、働いているということであれば、家族の一員として援助するということをしてあげてください。もちろん親としてはそれを求めているということではないのですが、やはり一社会人として、そういったことはとても大事な事です。

本来であれば、同居ではなくできれば就職しているのであれば家を出てもいいのです。

しかし、今不景気ということもあり同居されている方が増えているという傾向もあるのです。

その中で、できるだけのことを協力していくというスタンスはいつまでも忘れずに、実家暮らしをしていくと良いでしょう。

ご飯が出てくるのは当たり前と思ってはいけないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ